kimama CLUB

2017年02月

アレルギーのことを知ってますか??

 

最近多い食物アレルギー。

Kimamaclubにもたくさんのご相談が寄せられます。

 

例えば、、、

 

小麦アレルギーの方の大半の方は無肥料無農薬の小麦を食べても反応が出ない方をたくさん見てきました。

アレルギーといっても小麦に対するアレルギーではないことが多々あるのです。

今市販に出ている小麦は海外の物が多く、その大多数が輸出の際にポストハーベストと言って漂白剤などといった化学物質を直接小麦粉の中に混ぜてあります。

 

ようするに小麦の中に入っている化学物質にアレルギーがあるわけで小麦アレルギーではなく化学物質過敏症だということが言えるのです。

 

詳しく言えば在来種や農薬化学肥料を使わない自然の小麦を食べたら反応しないということがわかってきたのです。

 

 

一般の小麦はその漂白剤のおかげでいつまでも白く虫がわかないのです。

もちろんですが小麦にも玄米にも虫がわきます。

植物に虫がつくことは一般的で、切干大根にも乾燥しいたけにも虫がわくことはあります。

玄米粉や米粉にも虫が発生することもあります。

 

小麦粉はいつまでも常温で大丈夫、と思ってある方はとっても危険です。

それ自体が洗脳ですね((+_+))

自分で小麦を栽培してフードプロセッサーなどで粉にして長くおいておくとどうなるか??

普通にカビしたり、虫が発生することになるでしょう。

海外の安い小麦粉は化学物質の粉を直接混入させているのでずっと常温でも大丈夫なわけです。

小麦粉は海外から船などでたくさんの人のちからと燃料と時間をかけて日本にくるはずなのになぜ1キロ98円と国産小麦よりも安いのでしょうか??

 

道の駅に行くとなぜ地元の方が作った小麦粉などは高いのでしょうか???

作る数量が少ないとかのレベルではなく、大きな大きな農地で規格大量生産された工場穀物??という感じでしょうか。。

海外に出すのでどれだけでも農薬、化学肥料しても良いという考えで作られているのでしょうか。。

本当に考えさせられます。

 

家で作るパンだから大丈夫と思っている方も多くいらっしゃいますがその1キロ98円の小麦粉を使っていれば間違いなくアレルギーになるし行く末は化学物質過敏症になるでしょう。

アメリカでは3人に1人は小麦アレルギーと言われています。

スターバックスさえグルテンフリーメニューがあるとのこと。。。

日本遅れています!!!

 

日本人で小麦アレルギーなんてなかったはずなのに小麦アレルギーがこれだけ短期間に増えたのは小麦料理ばかりを好んで食べる食習慣になったからだと言えます。

今の食費のほとんどがお米ではなくパンパスタうどんラーメン。

朝がパンでお昼はパスタ、夜はうどん・・・

なんて食生活していたらそれはもう((+_+))反応でちゃいますよね。

小麦の何が身体に作用するかというと、グルテンという粘り成分ですね。

小麦粉でパンを作るとき、粘りを生かして作りますよね??

私達が食べた小麦は、その粘り成分が腸にへばりついてしまうのです。

へばりついた小麦のグルテン等はなかなか排出できずその粘り成分が不要な物をたくさん吸着させて腸が汚れてしまうのですね。

例えば玄米粉や米粉でケーキを作ってみて下さい。何度混ぜてもグルテンがないので粘らない。

さらさらです。

そのボールの中のサラサラ具合が腸の中でも同じだと言えます。

 

小麦アレルギーの方の多くが花粉症などを併発されます。

花粉症はほぼ腸の汚れから成るものなので腸さえクリーンにしておけば周りがくしゅんくしゅんしていても自分だけ大丈夫!なんてことは当たり前にあるのです(*´▽`*)

 

 

小麦を完全に断たなくても、良い小麦を少量楽しむことで小麦アレルギーも解消された方たくさん見てきました!

花粉症や小麦アレルギーアトピー性皮膚炎、もろもろの方。

ご自分でわかっていないことが多いですがほぼ化学物質過敏症の前兆です。

アレルギーがある物質を食べなければ大丈夫という問題ではなく今後すべての化学物質に反応する可能性がありますので本当にお気を付け下さい。

ケミカルはケミカルでは治りません。

これは間違いないです。

なのでアレルギーやアトピーにステロイド塗っていては申し訳ありませんが治りません。

癌に抗がん剤打っては、、通常治るとは思えません。

300Kの体重の人が胃をちょっとしばったり肉を切り落としても、今までと同じ食事をしていたらまた同じこと。

それと一緒。

毎日の積み重ねがアレルギーでありアトピーであるなら今この瞬間の毎日を変えないと絶対に変わりません。

何かで抑えるとまた違うところから違う副作用が出て、体はきつくて悲鳴を上げてしまいます。

利部物質過敏症という皆さんまだあまり理解がない言葉。是非知って下さい。

今では小学生でも化学物質過敏症の子がいるくらいです。

学校にも行けないです。

小麦アレルギーだから小麦さえ抜いていればいい。。。。

それはとても危険で表面的なとらえ方です。

 

たかがアレルギー、アトピーと思いがちですが、その過程には人間のあるべき機能を狂わせた長い歴史があります。

それが私達母親父親が好んで食べてきた食べ物や好んで体に吸収させてきた化学物質から成る物だったら???

 

子どものためにその子の孫のために、今学んで生活を改めたいと思います。

 

ちなみにkimamaclubではたくさんのアレルギーアトピーの子どもやお母さんたちを改善してきました(*´▽`*)

その中でも必ずお願いしたことが以下の通りです。

・毎日の調味料は完全無添加

・全ての洗剤は化学物質を入れない(食器洗いも洗濯洗剤も身体や髪も…)

・小麦はできるだけ使わず玄米粉米粉で代用する(当たり前になるとこっちの方が美味しい!!)

・おむつやナプキン、衣服(化繊)はできるだけ石油製品を使わない

 

インフルエンザになっちゃった~~

今年初めて病院行ったから4000円かかっちゃった~~

なんて言っている人よく聞きます。。。

でも4000円で食材や調味料を買えるとしたら??

素晴らしい物が購入できます!

 

よく考えてみて下さい。

医療費だから高くて当たり前。

食費は安いのではないと生活できない。

 

これこそ激しい洗脳です(*´Д`)!!!!!!!!!!

 

毎日の食がしっかりしていれば医療一切いりません。

外科くらいです()

 

食が医療。医療で治せるのは外科的な物だけ。

そう思って頂きたいです。

 

節約したいなら当たり前の発酵した調味料を使って毎日を過ごすだけでも病気になることが減ると思います。

 

薬を飲んだところでその薬自体が化学物質なので人間の機能では排出できません。

どんどん蓄積されます。

そしてそれらが子宮から子どもへ引き継がれます。。。。

 

美味しい健康な食事が高いのはそれはお薬だから!

本葛も薬、自然の緑茶も薬、梅干しも薬、琵琶の葉も薬。

薬は自然の中にたっくさん!!!

健康食品買うなら食事を見直しましょう🎶

毎日の積み重ねが今の自分を作ります。

本当に必要なのは何かがあったときにすがる特別なものではなく毎日の当たり前のお母さんの笑顔と家族みんなで食べる美味しいご飯。

ただそれだけ。。。。

本当に残していきたいものを買うことが私達の世界をよくする第一歩です(*´▽`*)

菓子パンだらけの日本にするのか何千年も受け継がれてきた日本の価値ある伝統食を引き継ぐのか!!

私達の購買によって決まりますからね…( *´艸`)

香って今すごく問題になっているってご存知ですか???

香り成分は今やどんどん広がりたくさんの分野で活躍しています。

衣服からの香り、住宅の中での香り、日用品などからの香り、食品からの香り。。。

 

旨味を伝えるためだったり、空間を香りでさわやかな気分にしたりとどの香料もその商品に対して重要な役割を担っています。

でもその香りブームで、不快な気持ちや体調の不調を唱える方が増えているのです。

それらのことを「香害」と呼び、数年前から消費生活センターへの「柔軟仕上げ剤に関する相談」が急増しているとのことでした。

 

柔軟剤の匂いを感じ職場でめまいがした

家の中の匂いで吐き気をもようした。

電車の中でたくさんの人の洗濯の匂いで立っていられなかった。

 

などなど。

数え上げればきりがないほどとのことでした。

 

最近では都内の進学塾では柔軟剤の香り付きの物を使用している場合は入室お断り、、などという塾も相次いでいるそうです。

香料と一言に言ってもその香料が何からできているのか。。。今こそ考えなくてはならない時だと思います。

もしその香料が化学物質から成るものだったら??

洗濯したての衣服に化学物質を付着させて何時間も肌から吸収される状況であると考えるととても恐怖です。

香料に直接接触しなくても柔軟剤の匂い、整髪料、化粧品など複合的なにおいが漂う空間にいると息も吸えなくなることもあり、ひどい場合は頭痛や喘息、皮膚炎を起こす可能性もあります。

テレビでよく見るお店の洗剤コーナーに行けば大量に陳列されている合成洗剤の成分は、細胞膜を溶かし、本来皮膚から入らないはずの物を体内に浸透させます。

洗濯ものに残って皮膚から入れば肌荒れやただれの原因となり、食器などに残留して口から入れば肝臓に障害を与えます。

トイレに芳香剤を置けば毒ガス室で用をたすのと同じようなこと。。。

香料が入った調味料を使えば舌がびりびりした後にのどが渇いて仕方なくなります。

たかが香りと思いがちですがその香りという化学物質を日常で肌につけておく危険性を十分に感じて本当にその香りが必要なのかよくよく考えたいですね。

綺麗好き、除菌が大好きな現代日本人。

除菌をすればするほど自分の大切な大切な常在菌は死滅します。

 

本当に必要な物は綺麗にしすぎることよりも泥んこまみれになって遊んで免疫を付けること・・・・

なのではないかな。。と感じています。

 

生まれてすぐにアレルギーアトピーになる子たちが増えていく中、大気も水も汚染されて、空気さえも科学的な香りで汚染されてしまうともう逃げ場がなくなります。

空気バーなど新鮮な空気を吸えるような部屋ができるかもしれないですね^^:

 

空気を守って。

その洗剤が川へ海へ流れるということを理解して、母親である私たちがしっかり良い物を選択してういきたいですね。

 

kimamaclubがお勧めするのはバイオ分解されて水に戻る 松のちから http://kimama-club.shop-pro.jp/?pid=104575004
や、べびーまぐちゃん
http://kimama-club.shop-pro.jp/?pid=111336790
これは画期的で衣服にマグネシウムを付着してくれます!
時代がまだ追い付いていないですがこれから大ブレイクするのはマ間違いなし♬

私の家には石鹸一つもありませんが、匂いも石鹸という有機物ももう卒業しました(*^^*)

このページのトップヘ