ワンウォーターECO」の性能試験結果

[トリハロメタンに関する試験結果]

試 料   
 家庭用浄水器 「ワンウォーター」
検査項目   
 トリハロメタンの除去性能確認
試験方法   
 新品のカートリッジを装着した浄水器に、総トリハロメタン濃度0.1ppm水溶液を通水量2L/minにて500L通水、採水してトリハロメタン濃度を測定した。
 更に1,000L1,500Lおよび2,000L2,500L通水時に採水してトリハロメタン濃度を測定した。

試験結果(単位 ppm)

試験項目

通水前

500L通水後

1,000L通水後

1,500L通水後

2,000L通水後

2,500L通水後

総トリハロメタン

0.1

0.001

0.001

0.001

0.001

0.002

クロロホルム

0.045

0.001

0.001

0.001

0.001

0.001

ブロモジクロロメタン

0.030

0.001未満

0.001未満

0.001未満

0.001未満

0.001未満

ジブロモクロロメタン

0.020

0.001未満

0.001未満

0.001未満

0.001未満

0.001未満

ブロモホルム

0.005

0.001未満

0.001未満

0.001未満

0.001未満

0.001未満

測定方法   
 家庭用浄水器試験方法(JIS S 3201)に準拠したGC/MSを用いたSIMSによる
試験期間   
 ウォーターサイエンス研究会 〒542-0081 大阪市中央区南船場4-9-11
試験年月日  
 平成121213
試験番号   
 No. 200B-101(様式03


[ダイオキシン類に関する試験結果]

試 料    
 家庭用浄水器 「ワンウォーター」
検査項目
 ダイオキシン類化合物の除去性能確認 試験方法 新品のカートリッジを装着した浄水器に、濃度10ppbに調整したダイオキシン相当化合物水溶液を通水量2L/minにて500L通水、採水してダイオキシン相当化合物の残留濃度を測定した。
 更に1,000L1,500Lおよび2,000L2,500L通水時に採水してダイオキシン相当化合物の残留濃度を測定した。

試験結果

経過時間 残留ダイオキシン

相当化合物濃度(ppb)

初期濃度

10.00

500L

通水時 0.33

1,000L

通水時 0.35

1,500L

通水時 0.30

2,000L

通水時 0.06

2,500L

通水時 0.06

測定方法   
 家庭用浄水器試験方法(JIS S 3201)に準拠しGC/MSを用いたSIMSによる
試験期間   
 ウォーターサイエンス研究会 〒542-0081 大阪市中央区南船場4-9-11
試験年月日  
 平成121213 試験番号 No. 200B-103(様式03

 

浄水器の選び方

浄水器の多くは浄水カートリッジに吸着ろ過素材を使用しています。そのため小型浄水器より大型浄水器の方が浄水能力は高いとみられていました。
一般家庭で使用する大型浄水器の浄水カートリッジは半年から長いものは8年で交換します。しかし、吸着ろ過素材を長期間使用すると汚れを抱えたままの不衛生な状態となり安全性に問題が生じます。

さらに浄水器本体に水を引くための取水ホースと浄水後に通水する排水ホースは本体扱いで交換されないため、排水ホース内部の壁面に泥状の汚れが付着した状態になる場合もあります。
最近では殺菌機能が付加されたタイプもありますが、ホース内の洗浄ができません。それに比べて小型タイプは、汚れた浄水カートリッジを短期間で交換することで衛生状態を保つことができます。

以上の理由からワンウォーターECOは小型浄水器の機能性を選択しています。
thO5GK5TYN

水道管の様子。。。最近テレビでも水道管の劣化の問題が報道されていますよね。家中丸ごと浄水は魅力的ですが水道管の劣化を考えるとやはり小型でありカートリッジが短期交換できるタイプが良いと感じています。

32754476_1420067351432979_8856015912000552960_n
中園家の
3か月後のカートリッジの変化です(*´ω*)
恐ろしい限りですね。。。
ちなみに中園家では20万もする家用丸ごと浄水器がついていて~~のこの状態です。。。
なんともおそろしいです。。

32950830_1420067418099639_8284488402082988032_n
浄水器の中にまで!!

32834954_1420067361432978_2733036304903176192_n

水道管の破片??でしょうか??キラキラしたものがいっぱいついています。

この浄水器がついていなかったら。。。。と思うと怖くてちびりそうです!!

ご購入はこちらから(*'ω'*)
素粒水 キッチン用
素流水 シャワーヘッド
浄水器とシャワーヘッドの同時購入でココアパウダーとデーツシロップをプレゼントします

酵素と素粒水

酵素はデトックスに重要です。体内酵素が不足すると代謝がうまく行えず、有害物質が体内に蓄積されます。

私達人間を含め生物の体内では、酵素が触媒となって食事などから摂取した栄養素の物質代謝を促進させ、生体エネルギーと生体ホルモンを作り出しています。

触媒とは、他の物質の変化を助ける働きのことをいいます。
代謝とは、消化・吸収のほかに食べた物がエネルギーに変わることや、細胞が生まれかわること、余分な物質が排出されることなど、あらゆる生理機能のことを言います。そして、代謝は酵素がないと成り立ちません。
生体エネルギーは、世の中に存在するあらゆるものを形作るときに関わっているエネルギーのことを指し、人体では基礎代謝や免疫力を高めるものです。
生体ホルモンは精神状態のバランスになどに作用しています。

酵素はタンパク質でできているため熱に弱く、約50度以上に加熱すると消失してしまいます。
したがって、酵素は新鮮な加熱していない生の食品に多く含まれ、特に多く含む食品は味噌、糠みそ漬け、納豆などの発酵食品です。
また、酵素がうまく機能するためには補酵素として働くビタミン・ミネラルが結合する必要があります。

生命を維持するために大切な酵素ですが、この酵素の働きを阻害するものが、農薬、食品添加物、環境ホルモンなどの石油成分や、化学物質であるとされています。
これらの有害物質は農産物の生産・加工などにおいて幅広く使用されています。それらが体内に入ると酵素が過剰に消費されてしまうため、生体エネルギーや生体ホルモンを減少させ精神状態を不安定にしたり、様々な病気の原因になります。

ところが、農薬や添加物が残留した食材を素粒水に漬け込むと、発酵させるための諸条件を整えていなくても、23週間でみごとに発酵現象を起こします。
これは素粒水の酵素の代役としての働きが有害物質に阻害されないことを意味しています。

本来、農産物の生産は無農薬、無添加であることが望まれますが、エネルギーの高い素粒水の優れた還元力や発酵力によって、これらの有害物質の悪影響を回避し健康で安全な社会環境を作ることが可能なのです。

素粒水による還元・発酵実験

最初に三つの保存容器を用意します。
そして同じタイミングで購入、または収穫された食材をそれぞれA、B、Cの三つの容器に入れ、Aの容器には素粒水を、BとCの容器には水道水を満たします。
AとBの容器は、並べて常温で保存します。Cの容器はAとBの容器から5メートル以上離し、単独で常温保存しておきます。

約3週間、常温で保存した後に最初にCの容器を開けてみます。水道水に浸されたCの容器内の食材は酸化して腐敗臭を放っています。

次にAとBの容器を開けます。AとBいずれの食材も還元して発酵した香りを放っています。これは、Aの容器内の素粒水が放つ素粒子レベルのエネルギーがA、B二つの保存容器の壁を通過してBの容器内の水道水を素粒水に変化させたため、食材が発酵したものと考えられます。
素粒子レベルのエネルギーが障壁を透過する現象は「トンネル効果」と言われており、この現象は、素粒水が本来確率的にしか現れない素粒子次元の現象を確実に発生させるエネルギー水であることの証明実験となります。th

「素粒水」に漬けた牛肉が8年間経過した現在も、当時のまま存在しています(2010年7月現在)

にく

素粒水の還元力を実証する実験として、ワンウォーターECOのカタログに「牛肉を素粒水に浸けた実験写真(2002/8/2)」を掲載していましたが、右記の写真は8年ぶりに撮影したものです。

保管場所は空調設備のない屋外の物置でしたが、現在でも腐敗せず形を留めています。
生物学的見知に基づくと「醗酵=還元」であり「腐敗=酸化」となります。



ご購入はこちらから(*'ω'*)
素粒水 キッチン用
素流水 シャワーヘッド
浄水器とシャワーヘッドの同時購入でココアパウダーとデーツシロップをプレゼントします




素粒水のこと しっかりお勉強№1
素粒水のこと しっかりお勉強№2
素粒水のこと しっかりお勉強№3