もったいない!!
のDVDやっと見ました。
子どもたちの学びの為にと思い一緒に見ましたが子どもたちの反応は面白い(笑)

「なんで捨てるの?今日食べられなくても明日その次に食べればいいのに!」
「バナナ捨てるの??お母さんみたいに冷凍してパンケーキに入れればいいのに!」
(7歳友理)
「こんな悪いことしたら警察に捕まるよ!」
「この人達(食品のことをこの人達と表現したかいちゃん面白い)も命があるのに!!」
捨てている状況を見て・・・
(5歳開登)

ほうほう。
まさにそうだと実感。
食べ物にも命があるよね(*´▽`*)そんなこと言ってくれて母うれぴ~

外食行ってたくさんの物が残されているのを見ると悲しい!!
全部食べずに残すのが中国のマナーだよ。と教えられたことも悲しい。。

残すことに罪悪感を感じない現代。

私は子どもに環境の本や世界の本を読ませることが大好きです( ^ω^ )
お風呂でちょっとでも水を流したら
「もったいない!世界では水がなくて学校行けずに水を汲みに行く子どもたちがいるとよ!!」
などといつもチクチク本物のもったいないばあさんのように言っています(笑)

お洋服もほとんど貰い物、おもちゃなども頂き物が多いですね。
100冊以上ある絵本のほとんどは古本。
家電がほぼないので、電気代も2000円くらい。

子どもだけではなく私もほとんど衣服や贅沢品、嗜好品にはお金をかけない。

生き方で勝負したいからあまりきにしない。

子どもたちも生き方で勝負してほしい。



でも、学びや体験の場にはお金をかけたい。
習い事や旅行や実際に体験する場には高い金額を払っても参加して良い刺激を頂き心の中に思い出として残しておけるようにしています。
(心の中はは無限の領域なのでたくさんたくさんインプットできますね(笑))



もったいない!っという素晴らしい言葉があるのに日本を始め先進国は捨てることばかり。
捨てることをしないと規格大量生産という偽りの社会が嘘だとばれるからでしょうか。

賞味期限が過ぎたら食べることができないと思いこまされている現代。
本物は賞味期限なんてありませんよ!
味噌も醤油も梅干しも酒粕も、海外のチーズも魚醤なども、熟成され長く保存された物こそ旨みや本物のアミノ酸が増え、美味しくなるのですよ( ◠‿◠ ) 

300年たった梅干し!!とか長期熟成3年物の味噌!なんて言葉聞いたことありますよね(*^▽^*)
賞味期限を気にしないといけない物を買わなければいいんですよね(*´▽`*)

家で作ったご飯は賞味期限なんて無い。
くんくん匂いをかいで「ん??酸っぱいな??」と思えば食べることができない。
大丈夫と思えば食べることができる。
ただそれだけ!!
シンプル!!!

何もかもに勝手に未来の日付を付けること自体が私は「??」だと思います。

皇居の方は3年熟成したお米を食されると聞いたことがあります。
新米になるから何が美味しいか???
別に何も変わらない。
お米に感謝して食べれば新米でも昨年のお米でもいいじゃない( ^ω^ )


過剰包装ももったいない。。。
中央集権でマスコミや電通資本が東京一極なので全てはデザインであること。
デザインは1円を100万円にする。
デザインがない物は売れない。
田舎の農家さんが都会の大手会社にお米を販売を委託することになった。
そのお米は1K6000円で木箱に入り、焼き印を押してあった。
その農家さんは嬉しそうに言った。
「俺の米が東京では1キロ6000円で売れとうとよ」

本当に寂しい気持ちになった。
お米を食べるときに木箱は不要なので捨てるもの。
1キロ6000円で売れても本当にお米が食べたい人はそれを食べることができるのかな??
高く売ることが幸せになるのかな??


もったいない
せっかくこんなに素敵な言葉があるのに。
中身を理解していない。
もったいないというのは
シンプルに言えば循環できない物のこと(勝手な解釈です(汗))

原子炉 循環できない 廃炉ができない

テレビ 循環はマスコミ大企業だけへの循環で私達一般庶民には循環は起こらない

過剰な包装 循環できない 廃棄するだけ

紙おむつ 便利だけど捨てる 
     紙おむつだけで埋め立てた国ができるかもしれないくらい紙おむつを使っていますね。


オーガニックの日本語訳を勝手に「有機的循環」と言っています。
綿は土の上に置いておけば土に戻る  化繊は戻らない

無農薬野菜は土の上に置いておけば土に戻る  農薬があるお野菜は土に何かしらの負担をかける

洗濯排水や家庭排水  合成洗剤などを使うと、飲み水に戻すのが自然の力だけでは何百年もかかる

布おむつ  おむつでなくてもいらない洋服でも布でもなんでもいい。
      布なので何度も洗って干して使える

フリーエネルギー  太陽や水、風、地熱の力、微生物の発酵の熱、海の中の藻からなるエネルギー。
          動物の堆肥を発酵させて熱を生むエネルギーなども。
          これら全て使い捨てではなく自然の資源からできるエネルギーです。

有機的な仲間や家族  客観視して本当のことを言い合える。
           作られた関係ではなく魂レベルで繋がる血縁関係を超えた存在

全て有機的循環だと思います(^_-)-☆

私は昔みんなにいい人でありたいと思っていました。
でもそれはいい人ではなくて弱い人でした。

それを知ってからは自分を良く見せたり偽るのはやめました。
そうすると本当の仲間に会えるようになりました。

偽ることでもったいない時間を過ごしていたことも今の学びになりました。

大切なものは側にある。もうすでに手に入っている。
多くを求めず今の自分に満足すること。

これ以上の物を私達が求め続けると、世界はもっと、
経済!経済!経済資本!!足りない!搾取!
と、
おなかが減った怪獣のように、偽りを偽りで隠し隠しきれないものがブラックホールのように大きくなり世界を飲み込みそうです。

もう盛り上がらなくてよいのです。
みんなが普通に幸せであればいいと思います。
そこから気づきやひらめきが出てくる。
今のように作られた情報や操作された情報で国民を盛り上げるのはやめて下さい。
時間がもったないです。

そんなことするなら地方の過疎化がどんな状況か、人口が年々どれだけ減っているか、都市の人口削減率、10年後の日本がどうなっているか、世界中でご飯が満足に食べられない人達の情報、その人達にどうすれば支援できるか、などを世界のテレビで放送して下さい。

バカみたいな大食い選手権なんて今すぐやめて下さい。
それで世界中の何人の子どもたちが喜ぶか、支えられるか、などを考えられない大人が作る番組はとても残酷です。

セレブと言ってお金をたくさん持っている人を良いとする放送もやめて下さい。
お金は人を判断する基準にはなりません。
もしそれを基準としている人がいるのなら、その人とは「基準となる価値観が違う」為、有機的な関係は結べません。


日本の為になら命を捨てても良いと闘ってきた戦争時代のように、今この時代にも命をかけて日本や世界、地球を守りたいという人はたくさんいます!

5歳の開登ですら言います。
「早く世界に行こうよ!困っている人がいたら僕助けたいよ!」

日本が神様に頂いた言霊 「もったいない」 を大切にして、この消費経済重視・見せかけの世界が路線変更できるように活動を続けたいと思います(^_-)-☆